妊婦の一般歯科

妊婦の歯科治療についてお話します。歯科治療には「親知らず」の抜歯があります。親知らず抜歯の厄介な事例を挙げると、縦ではなく真横に生えているケースです。縦にまっすぐ生えていれば歯を引っこ抜くのは簡単ですが、真横で更に神経部分周辺に生えている場合は外科的手術が必要です。その場合は総合病院などでの全身麻酔による手術が、安全面や体の負担軽減上、最適なのですが、デリケートな妊婦時の体調面と胎児への影響を考えると外科的処置は適していません。出産後にするなど歯医者は胎児と妊婦双方のことを考え、親知らず状態を見て最適な抜歯のタイミングを判断してくれます。

また、妊娠すると早めに歯科医に行くよう役所や産婦人科から指導があります。それはなぜかというと、妊娠期はホルモンがダイナミックに変わるときなので、口の中の環境も変わります。例えば、唾液の量が減る、つわり、これらが原因で虫歯になりやすくなります。これが理由の一つです。他に、お腹が大きくなると診察台が妊婦や胎児には苦しい態勢になるのもリスクになります。安定期に入るまでは、ちょっとした振動や態勢で切迫流産になります。妊娠中に虫歯になった場合は、リスク回避ができる時期を見定めて歯医者は治療指導をしてくれますから、早めに歯医者に行くのが賢明です。

妊婦にとって歯医者は頼もしいドクターです。妊娠期にも歯科医に行き、ご自身と胎児の安全な対策をアドバイスしてもらいましょう。

Pocket