予防歯科

虫歯、歯肉炎、口内炎、親知らずなどで痛みが出てから歯科医に駆け込む方もいるかと思いますが、大切なのはやはり痛みが出る前の予防です。どんな病気にも言えますが、早期発見こそが治癒への一番の近道。歯についても同じです。虫歯は、痛みが出たときには既に神経まで達しているケースがあります。根っこがほぼ取れている状態では、入れ歯にしなければなりません。

歯医者に行かずに歯が抜けたまま放置している方もいるでしょう。この場合、食べ物を十分に噛めませんから、その結果、胃に負担が掛かります。また歯がなくなった隙間を埋めようと周辺の歯がカバーしようと動きます。後で入れ歯を入れようとしてもスペースがなく、それらの歯を削る必要が出てきます。治療が大掛かりになります。他にも、歯を抜けたまま放置しておくデメリットがあります。食事のとき、歯がある側だけ嚙もうとしますから、顔がゆがんだりそれが体全体の歪みにまで発展したりします。こうしたアンバランスから歯ぎしりや食いしばりも強くなります。他の歯に負担が掛かっていきます。このように、胃腸の負担、入れ歯治療が大掛かりになる、体のゆがみや他の歯への負荷など、年齢が高くなるほど1本の歯がなくなることによる体全体への悪影響が大きくなります。

高齢になるとなかなか歯科医に出向くことが困難になりますし同時に、自分の歯を失うデメリットが大きくなるわけです。定期検診は若いうちから習慣化させ、虫歯になっても初期段階で治癒できるようにしておきたいものです。

Pocket