健康美歯はインプラント

アンチエイジングに興味高まる今、歯の白さと健康を保ち続けたい熟年層が増えています。昔は歯が抜けたら金歯や銀歯といった入れ歯(義歯)が当たり前でしたが、加齢の象徴になっているこれらの素材を選ぶシニアは今は少ないです。人口歯には入れ歯の他にブリッジがありますが、両サイドの健康な歯を削らなければなりません。また見た目の白さだけではなく、入れ歯、ブリッジのメンテナンスのしづらさとそれによる口臭は共通するデメリットです。

美しく健康な歯を目指すなら、インプラントが適しています。インプラントは他の歯と同様の色が選べますから、違和感のない自然な口元で加齢を感じさせません。ただ人工歯ですから耐久性や噛む力について懸念する方もいるでしょう。インプラントの優れた材質は、半永久的に使用可能と言われています。また、土台がしっかりしていますから、しっかりとモノを噛む咬合力が天然歯同様にあります。食べ物を食べる際の違和感がないわけです。

LINK:Musashikosugi Dental Clinic
インプラントの施術をしているMusashikosugi Dental Clinicです。

他にも、メンテナンスについて、半年に1回または年に1回など、歯医者の定期チェックを受けます。ネジの閉まり具合、噛み合わせの調整、口腔内の状態を見るなど徹底して見てもらえます。アフターフォローの充実もインプラント治療の良さです。このように、身体や見た目同様に、口元のエイジングケアを大切にするのであれば、やはりインプラントがおすすめです。

Pocket

妊婦の一般歯科

妊婦の歯科治療についてお話します。歯科治療には「親知らず」の抜歯があります。親知らず抜歯の厄介な事例を挙げると、縦ではなく真横に生えているケースです。縦にまっすぐ生えていれば歯を引っこ抜くのは簡単ですが、真横で更に神経部分周辺に生えている場合は外科的手術が必要です。その場合は総合病院などでの全身麻酔による手術が、安全面や体の負担軽減上、最適なのですが、デリケートな妊婦時の体調面と胎児への影響を考えると外科的処置は適していません。出産後にするなど歯医者は胎児と妊婦双方のことを考え、親知らず状態を見て最適な抜歯のタイミングを判断してくれます。

また、妊娠すると早めに歯科医に行くよう役所や産婦人科から指導があります。それはなぜかというと、妊娠期はホルモンがダイナミックに変わるときなので、口の中の環境も変わります。例えば、唾液の量が減る、つわり、これらが原因で虫歯になりやすくなります。これが理由の一つです。他に、お腹が大きくなると診察台が妊婦や胎児には苦しい態勢になるのもリスクになります。安定期に入るまでは、ちょっとした振動や態勢で切迫流産になります。妊娠中に虫歯になった場合は、リスク回避ができる時期を見定めて歯医者は治療指導をしてくれますから、早めに歯医者に行くのが賢明です。

妊婦にとって歯医者は頼もしいドクターです。妊娠期にも歯科医に行き、ご自身と胎児の安全な対策をアドバイスしてもらいましょう。

Pocket

予防歯科

虫歯、歯肉炎、口内炎、親知らずなどで痛みが出てから歯科医に駆け込む方もいるかと思いますが、大切なのはやはり痛みが出る前の予防です。どんな病気にも言えますが、早期発見こそが治癒への一番の近道。歯についても同じです。虫歯は、痛みが出たときには既に神経まで達しているケースがあります。根っこがほぼ取れている状態では、入れ歯にしなければなりません。

歯医者に行かずに歯が抜けたまま放置している方もいるでしょう。この場合、食べ物を十分に噛めませんから、その結果、胃に負担が掛かります。また歯がなくなった隙間を埋めようと周辺の歯がカバーしようと動きます。後で入れ歯を入れようとしてもスペースがなく、それらの歯を削る必要が出てきます。治療が大掛かりになります。他にも、歯を抜けたまま放置しておくデメリットがあります。食事のとき、歯がある側だけ嚙もうとしますから、顔がゆがんだりそれが体全体の歪みにまで発展したりします。こうしたアンバランスから歯ぎしりや食いしばりも強くなります。他の歯に負担が掛かっていきます。このように、胃腸の負担、入れ歯治療が大掛かりになる、体のゆがみや他の歯への負荷など、年齢が高くなるほど1本の歯がなくなることによる体全体への悪影響が大きくなります。

高齢になるとなかなか歯科医に出向くことが困難になりますし同時に、自分の歯を失うデメリットが大きくなるわけです。定期検診は若いうちから習慣化させ、虫歯になっても初期段階で治癒できるようにしておきたいものです。

Pocket

進化する歯医者

「コンビニより多い歯科医?!」こんなタイトルのネットニュースに驚いたこと、ありませんか?本当なのか、と眉唾に思われている方が多いのではないでしょうか。これは噂ではなく公的機関が発表している数字を基にした事実です。歯科医数については、厚生労働省の「医療施設動態調査」が、コンビニについては、日本フランチャイズチェーン協会のコンビニエンスストア統計データが発表しています。ビジネス雑誌や新聞では、例えば、医者過剰で歯医者のワーキングが増える、歯科医の過剰問題を引き起こしている歯科大の現状など、社会問題の切り口で特集が組まれてもいます。

歯科医の過当競争が起きている時代の今、ライバルに差をつけるべく、歯医者は大変な努力をしていると言えます。考え方を変えれば、患者側は豊富な選択肢の中で歯科医選びができます。また、良質なサービスも得られやすい時代とも言えます。一言で歯の治療と言っても、さまざまな内容があります。すぐに思い浮かぶのは虫歯ですが、他にも歯肉炎や歯槽膿漏、入れ歯やインプラント治療、歯科矯正、ホワイトニング、嚙み合わせの不具合、口内炎、場合によっては歯科医で舌癌や歯肉癌といった口腔がんや咽頭がんが発見されることもあります。ちなみに、国立がん研究センターの「がん罹患数予測」によれば、2016年の口腔・咽頭がんの罹患者は21,700人になるだろうと予測さていました。がん罹患予測人数の順位で言えば、第10位。血液のがんである白血病よりも多い数です。こうした口の中のがんを歯科医に通うことで早期発見することが可能です。歯医者は虫歯を治すだけのところではなくなっているのがわかります。今の歯医者は、口に関する総合専門医なのです。

実はあまり知られていない驚きの歯科医通いのメリットがあります。また今求められている歯のアンチエイジング対策にも歯科医通院は重要です。このサイトでは、歯科医がさまざまな面で私たちを助けてくれる頼もしいホームドクターでもあることをご説明します。

Pocket